サロンについて


アーユルヴェーダ・サロン、アヌクローシャです。

サロンの名前の由来についてのお話です。

「アヌクローシャ」とは、”慈しみ”、”慈愛”、を意味するサンスクリット語です。

アーユルヴェーダの起源は、まだ病気や苦しみがこの世に存在しなかった頃にまで遡ります。

ある頃から、人びとの間に、不調和や苦しみが生まれ、病気というものがあらわれました。聖者たちは、苦しむ人びとをなんとかして救いたい、助けたい、という思いでヒマラヤの麓に集い、深い瞑想に入りました。

その慈悲、慈愛の思いから生まれた神様からの智慧がアーユルヴェーダです。

この思いと智慧は長い時を経て、今に継承され、「アーユルヴェーダ」は世界三大医学として伝承されています。

アーユルヴェーダを学び、その智慧の恩恵を少しでも多くの方にシェアしていきたい。

日本に住む私たちにも、無理なく日々の生活に取り入れられるように伝えていきたい。

そんな思いからアーユルヴェーダの普及活動をさせていただいています。

そしてこの度ちいさなサロンをオープンしました。

みなさまが、ありのままの、幸せな自分を思い出すお手伝いができますように…。

アヌクローシャ 中山洋美


597回の閲覧

© 2023 by Soft Aesthetics. Proudly created with Wix.com

  • Facebook Social Icon
  • Instagram Social Icon

​LINE公式アカウントからイベント、ワークショップ情報をお届けします